銀行カードローンと消費者金融の違いを調査

銀行カードローンと消費者金融の違いを分かりやすく解説します!どちらのほうがお得なのか?安心できるのか?など様々な疑問に答えます

銀行カードローンと消費者金融の違いを調査

銀行カードローンと消費者金融の違いを調査

急にお金が必要になったけど手持ちにお金がない場合、利用されるのがカードローンやキャッシングです。 実はこのカードローンには色々な種類があるのをご存知ですか? カードローンには大きく分けて銀行系カードローンと消費者金融カードローン、信販カードローンがあります。 中でも多く利用されるのが銀行カードローンか消費者金融カードローンです。

カードローンとついているのだからどれも同じなのではないかと思われがちですが、銀行カードローンと消費者金融カードローンは大きな違いがあります。 なのでカードローンを利用しようと考えているのであればまずは銀行カードローンと消費者金融カードローンとの違いをしっかりと把握する必要があります。

例えば利便性であったり借り入れ額の大きさ、金利の大きさ、融資スピード、返済方法などお金を借りる上ではしっかりと熟知しておかなければいけないポイントが大きく異なることが多いのです。 更には銀行カードローンと消費者金融では適用される法律が大きく異なってくるのです。 総量規制といって年収によって制限される法律にかかるかかからないか変わってきます。

またイメージも大きくことなると思います。銀行と消費者金融であれば多くの人が銀行の方にいい印象を抱くのではないでしょうか? ですが銀行カードローンは信頼性は抜群ではありますが、審査基準が厳しく借りられないという人も少なくありません。 そういった方が消費者金融を選び、結果として消費者金融においてカードローンをする方が圧倒的に多くなっているのです。

また消費者金融には銀行カードローンとは違うメリットもあります。銀行カードローンではあまりない一定の期間は無利息にする無利息期間なども用意している所も多いです。 お金を借りる際に利息というのは非常に気になる点だと思います。 ですがその利息が無利息なのであればその間に借りて返済するのが望ましいです。

こうしたメリットやデメリットがそれぞれありますので、上手に使い分けていくことで上手く利用することができます。 ここでは銀行カードローンと消費者金融の特徴や対応の違いについて、また使い分ける際のポイント、そしてそれぞれの違いを比較していきたいと思いますのでカードローンでお悩みの方はまずは一度参考にしてみて下さい。