銀行カードローンと消費者金融の違いを調査

銀行カードローンと消費者金融の違いを分かりやすく解説します!どちらのほうがお得なのか?安心できるのか?など様々な疑問に答えます

銀行カードローンと消費者金融の違いを調査

銀行カードローンとは

では銀行カードローンとはどういったものなのでしょうか? 現在数多くの銀行がカードローンのシステムを導入しています。 東京三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、イオン銀行、オリックス銀行など多くの大手の銀行がカードローンを取り扱っています。 銀行系カードローンの魅力としてまずあげられるのが信頼度と安心感です。 お金を借りる際、やはり安全と信頼は非常に重要な要素です。 銀行系であればそういった点の心配をすることはありません。

また銀行カードローンのメリットとしてはまずは金利が低い点です。 金利というのはお金を借りる際に非常に重要なポイントです。 借りたお金に対して払う利息はできるだけ少ない方が後々の総支払額を抑えることができるのです。 銀行カードローンの場合の金利水準は3%から15%です。 消費者金融の金利水準は5%~18%となっていますので双方を比べると明確です。

そして借入限度額も消費者金融に比べると高額なのも特徴です。 消費者金融が約500万円が限度なのに対し、銀行カードローンでは最大1000万円の借り入れをすることができます。 金利は借入する金額により変わってきて、借入額が大きくなるほど金利は低くなるシステムになっています。 ですから最低金利は最高限度額を借り入れた場合の金額になりますので、最高金利を目安として借りるのが望ましいといえます。

また銀行は融資金額の上限が定められた賃金業法である総量規制の対象外でもあるため、限度額を気にすることなく多額の金額を借り入れることができます。 一方でその分審査が厳しく融資を受けることが出来なかったりするケースも多いです。 銀行というのはそのブランドの知名度の高さからやはり信頼度が重要です。住宅ローンなどを組むときも審査に時間がかかるように、カードローンも同様です。また銀行の場合それまでの取引実績を重要視する所もあります。 カードローンを利用するまでに住宅ローンを利用していたり給与振り込みを利用していると、融資額や審査に対して有利になる事もあります。

返済面では銀行カードローンは便利です。提携銀行やコンビニのATMで利用することができ、いつでもどこでも返済することができるのです。 またATMを利用する際の手数料も無料なところが多く、そういった小さなコストも抑えることができることも魅力の一つです。