銀行カードローンと消費者金融の違いを調査

銀行カードローンと消費者金融の違いを分かりやすく解説します!どちらのほうがお得なのか?安心できるのか?など様々な疑問に答えます

銀行カードローンと消費者金融の違いを調査

消費者金融とは

消費者金融とはお金を貸す業者のことを言います。 現在日本には多くの消費者金融が存在しています。 プロミス、アコム、アイフル、モビットなどテレビでのCMも大々的に行っており、見ない日はないのではないでしょうか? 以前は消費者金融というのはあまりいい印象がなかったかもしれませんが、有名人を起用することによりより身近に感じられる工夫がされています。 同時に安心感も得られるようになっているのではないでしょうか?

消費者金融というのは銀行が個人だけでなく事業者向けにお金を貸し借りしているのに対し、消費者金融等は消費者、つまり個人に対して貸付をメインとして行っている業種です。 銀行のカードローンと比べると金利はどうしても高くなってしまいがちです。 銀行に比べると約3%の違いが出てくるので、長期的に利用する場合はどうしても総支払額が大きくなってしまいます。 また消費者金融には賃金業として規格があり総量規制があります。

総量規制というのは年収の3分の1以上の貸し付けは行ってはいけないという法律です。 なので年収が低い人ほど借りれる金額は低くなってくるのです。 そうなってくると消費者金融で借りるメリットを感じないかもしれませんが、消費者金融は銀行カードローンと違って審査があまり厳しくないのが特徴です。 なので銀行カードローンが組めなかった方が消費者金融を利用することが多いです。

また借り入れする時も比較的簡単で業者によっては無人機などを設置してすぐに借入することができるのです。 多様な返済方法があるのもポイントの一つです。コンビニのATMや口座引き落とし、銀行振り込み、現金書留、店頭窓口などいろいろな返済方法があれば気軽に返済することができます。

そして業者によっては無利息期間を設けている業者もあります。 無利息期間とは一定期間であれば無利息で借りれることができるので、もし短期的に借り入れを行いたい場合は無利息期間を設けている業者を利用するのも一つの方法です。 大手の会社であれば違法な金利を請求してくる事はありませんし、違法な取り立ても行わないので、消費者金融において利用する際は大手の所を利用することをおすすめします。