銀行カードローンと消費者金融の違いを調査

銀行カードローンと消費者金融の違いを分かりやすく解説します!どちらのほうがお得なのか?安心できるのか?など様々な疑問に答えます

銀行カードローンと消費者金融の違いを調査

銀行カードローンと消費者金融の違い

では銀行カードローンと消費者金融では具体的にどのような違いがあるのでしょうか? 様々な観点から見ていきたいと思います。 まず利便性においてですが、利便性を重視するのであれば圧倒的に消費者金融が優れているといえます。 消費者金融は審査から借り入れまでの期間が銀行カードローンよりも短く最短ではその日のうちに借り入れることができます。

それに対して銀行カードローンは審査から融資まで1週間ほど時間がかかるところもあります。 また銀行カードローンは消費者金融と比べて審査が厳しいのも特徴なので、借りたいと思っても融資を受けれないことも多いです。 また金利の計算方法も異なる事が多いです。銀行は元利均等返済か元加方式といって、返済した時点での元金に対して利息が計算されていきます。なので返せば返すほど元金が減り、その分支払う利息も減っていきます。

これに対し消費者金融はリボルビング返済という計算方法がとられていることが多いです。 これは最初の借入金額に対して金利をかけその利息を元金と一緒に毎月返済していく方式です。 なので総支払額から考えると銀行カードローンの方が低くなるのです。 金利面でも銀行カードローンの方が低く抑えられているので、利息を抑えたいのであれば銀行カードローンがいいといえます。

そしてもっとも大きな違いといえるのが賃金業に関しての法律です。銀行カードローンは銀行法、消費者金融は賃金業法という法律がかけられており、2010年に総量規制が施行されました。 総量規制というのは、借入する方の借り入れは年収の3分の1以内に抑えなければいけないというものです。

なので年収300万円であった場合融資限度額は100万円以内にしなければいけないのです。 銀行カードローンはこの総量規制の対象外であるため、審査の結果年収の3分の1以上の融資額が出ても融資を受けることができるのです。 そういった面から考えると大きな金額を借りるのであれば銀行、即日融資をうけたいのであれば消費者金融と、自分の利用方法にあった業種を選ぶことが望ましいです。