銀行カードローンと消費者金融の違いを調査

銀行カードローンと消費者金融の違いを分かりやすく解説します!どちらのほうがお得なのか?安心できるのか?など様々な疑問に答えます

銀行カードローンと消費者金融の違いを調査

総量規制とは

銀行カードローンと消費者金融の大きな違いとしてもあげた総量規制についてですが、総量規制とはどのようなものなのでしょうか? 総量規制というのは個人の借入総額を年収の3分の1以内に抑えることを言います。 これは個人が貸し付けを行う時に適用される規制です。 例えば個人が事業を起こすことを目的として借りる場合はこの総量規制の対象外になります。

総量規制は限度額の他にも、新規で50万円以上の借り入れを必要とする場合や100万円を超える場合は借り入れを申込みする際に所得証明書の提出が必要になりました。 この法律は以前高金利で過度の貸付けを行っていた業者により自己破産に追い込まれた人が多くなったことで、救済するために国が規制をかけるようにしたことにより施行されました。 実際この規制の施行後、過度な貸し付けを行っていた消費者金融の多くが倒産し、債務者も救われることとなりました。

過度な貸し付けを行われないという面では安心できる法律ですが、多くのお金を必要としている人からすれば面倒な規制です。 総量規制には対象と対象外になるものがあります。 銀行は総量規制の対象外ですが、消費者金融やクレジットカードのキャッシング、信販会社のキャッシングには対象となります。 この3つの借り入れというのは個人の信用情報に記載されています。 例えば返済に遅延があった場合、滞納履歴などもしっかりとチェックされています。

カードローンでお金を借りる際は、借入する人の年収を3で割り、そこから消費者金融、クレジットカード、信販会社からの借り入れやキャッシングの金額を引いた金額のみ借入することができるのです。 その他の規制とならない借入としては住宅ローンや自動車ローン、高額療養費の貸し付け、有価証券担保の借入、不動産担保の借入、などいくつかあります。

また色々なローンを一本化するおまとめローンの場合も総量規制の対象外となります。 なので借り入れをする際は総量規制についてもしっかりと熟知したうえで借入する場所を選ぶことをおすすめします。