銀行カードローンと消費者金融の違いを調査

銀行カードローンと消費者金融の違いを分かりやすく解説します!どちらのほうがお得なのか?安心できるのか?など様々な疑問に答えます

銀行カードローンと消費者金融の違いを調査

使い分けのポイント

では銀行カードローンと消費者金融ではどのよに使い分けをしていけばいいのでしょうか? 使い分け次第では便利に使う事ができるのです。 お金を借りる際、メリットや金利面の総合的な面を見ても銀行カードローンで借りる方がいいのは明らかです。 銀行の方が借入するときの金利も安く、返済方法に関しても利息を払う金額が少なく済みます。

また総量規制の対象外であるため、高額の借り入れ可能です。 そして何より信頼や安心感もあります。 なので一般的にお金を借りたいのであれば銀行カードローンの利用がおすすめです。 ですが急な入用ができた時にお金がない場合などは銀行カードローンでは困ってしまう事もあります。 審査が厳しく融資されるまでのスピードが遅いので、お金が必要な時に借入できないこともあるのです。

そんな時には消費者金融が便利なのです。 消費者金融は審査も銀行よりは厳しくなく、申し込みから借り入れまでの融資スピードも速い所ならば即日ですぐにお金を用意することができます。 通常であればカードが届いてからでなければキャッシングを行う事が出来ませんが、即日の融資が可能な場合は自分の口座に振り込みを行ってくれるのです。

また消費者金融の中では無利息期間を設けている業者も多いです。 無利息期間というのはある一定期間であれば無利息でお金を貸してくれるという事です。 借金において利息ほど無駄なお金はありません。 利息が低ければ低いほど、お金を払わなくても済むのです。消費者金融ではこの無利息期間も実施していますのでこういったサービスを上手に利用するのも一つの方法です。 使い分けとしては多額の融資を受けたい場合で時間がある場合銀行カードローンをおすすめします。また複数のローンを纏めて借りる場合も銀行カードローンはおすすめです。 金利が低く安心感があるからです。

一方消費者金融に関してですが、少額のお金を少しの間だけ借りたい場合は無利息期間を行っている業種で借りるのが便利です。 また急なお金を必要とする場合も同様です。 ですが急なお金が必要な場合であっても多額のお金を借りることはおすすめしません。 金利も高めですからあくまでも少額での利用が望ましいといえます。 この様にお金を借りる金額や期間によって使い分けていくことで上手にカードローンを利用することができます。 違いをしっかりと熟知して利用して見て下さい。