銀行カードローンと消費者金融の違いを調査

銀行カードローンと消費者金融の違いを分かりやすく解説します!どちらのほうがお得なのか?安心できるのか?など様々な疑問に答えます

銀行カードローンと消費者金融の違いを調査

サービス・対応の違い

消費者金融と銀行カードローンではサービスや対応にどのような違いがあるのでしょうか? まずは銀行のサービス面からですが、銀行はお金の貸し借りだけをメインに行っている所ではありません。 なので対応や速度が消費者金融とくらべるとどうしても遅い面が挙げられます。 速度が遅いというのは申し込みから融資までに時間がかかるという事です。

即日融資を宣伝している所もありますが、多くの場合即日融資が不可能なところが多いです。 しかしカードが手元に届く前にすでに持っている口座に直接振り込んでもらえる点は便利です。 これに対して消費者金融の場合、即日審査や即日融資が可能で業者によっては無利息期間を設けている所もあります。 お金を借りる上では利息は少ない方がいいといえます。 なので無利息期間を設けている消費者金融は短期間の借り入れを予定している方にとってはサービス面では充実しています。

なので急なお金が必要な時には銀行よりも消費者金融の方がふさわしいです。 大手の消費者金融を利用すれば安心に取引できますので、積極的に活用しても大丈夫だと思います。 対応についてですが対応面でも銀行カードローンは厳しいといわれています。 銀行はやはり信頼が一番ですから、お金を貸す時にもそれなりの厳しい審査が行われます。 なので銀行カードローンを組もうと思って申請してもすぐに断られてしまう事も多々あります。

その反面消費者金融では銀行ほど審査が厳しくないので、対応も比較的ゆるい対応になっています。 ですが銀行系のカードローンであれば窓口を設けている所もあります。銀行のカードローンの融資が下りた後に返済計画に迷った場合や何かわからないことがある時は直接聞きに行くこともできますのでそういった面では安心できます。

また大手の銀行であれば接客やサービスに関しても徹底している所が多いです。 なので借り入れた後にしっかりとした対応を求めるのであれば、店頭のある銀行カードローンがおすすめかもしれません。