銀行カードローンと消費者金融の違いを調査

銀行カードローンと消費者金融の違いを分かりやすく解説します!どちらのほうがお得なのか?安心できるのか?など様々な疑問に答えます

銀行カードローンと消費者金融の違いを調査

金利・借入限度額の違い

次に金利と借入限度額についてです。 金利というのはお金を借りる上で最も重要視するポイントだと思います。 お金を借りる時には必ず利息が発生します。 その利息をきめるのが金利なのです。 金利というのは元金に金利をかけて利息を出します。 そしてそれにより算出された利息というのは元金に加えてプラスして払う余分なお金です。

なので金利の低い所の方が利息が少なくなるのでおすすめなのです。銀行カードローンと消費者金融では銀行カードローンの方が金利は低めになっています。 銀行カードローンの金利が3.0%台から15%のところが多いのに対し、消費者金融は4%代から18%台と高めになっています。 ここで注目するのが最低金利よりも最高金利です。 金利というのは借入額に応じて金利が変わり、借入額の最高額であった場合に最低金利が適用されます。なので少額の借り入れの場合は最高金利を適用するのです。

そのため最高金利の安い銀行の方が金利面ではおすすめです。 次に借入限度額についても大きな違いがあります。 銀行での借り入れは銀行によれば最高1000万円まで借入してくれるところがあります。 その他でも800万円前後が借入限度額の最高額となっています。 これに比べて消費者金融は最高借入限度額が500万円の所が多いです。 銀行に比べると最大で2分の1であるためこの差は明らかです。 また消費者金融は総量規制の対象となっているため、収入の3分の1までしか借入できません。

なので500万円の借り入れができるとしても年収の3分の1がその金額に満たなければ借入することができません。 なので収入が低ければ低いほど、借入限度額は低くなってしまうのです。 銀行のカードローンは総量規制の対象外になっています。なので審査に通りさえすれば、年収の3分の1を超えていても借りることができるのです。 この様に借入限度額と金利の面に関しては銀行カードローンの方が圧倒的に有利であるといえます。